…ああ、あるじ、私のこと触ってくれるんだね…あるじ…あるじ…ふふっ…あるじぃ…