あら、こんなおばさんを描いてくれるなんて、なかなか珍しいあるじもいたものだねぇ。私はいつでもよろず屋にいるから、いつでも会いに来るといいさ。