「そういう趣味なの?」 by月光ガガンボあるじ

あるじ「おーい猫又、いるのか?部屋の掃除をするから開けるぞー…うおっ!なんでお前が!?」
火車「なによ、そんなに驚かなくてもいいじゃない!せっかくのオフだから羽を伸ばしに来たのに…」
あるじ「あのなあ、そういうのは屋敷の主たる俺に話を通してくれよ」
火車「えへへ、ごめんなさいニャン☆」
あるじ「わかってくれればいいんだ」
火車「あるじったら優しいニャン☆そういえばあるじの馴染みの妖怪って…河童はともかく猫又や犬神、化け猫やらやけに「そういう」妖怪が目立つわよね」
あるじ「そういう妖怪っていうのはどういう妖怪なんだ?」
火車「ほら、耳とか尻尾とか雷獣だってそういうアイドルだしあるじって結構好きなんでしょ~」
あるじ「お、俺は別にそんな目で見てはいないぞ!あって嫌ではないけどな」
火車「じゃあやっぱり好きなのねー!自分好みの属性って案外初めは意識していないものよ」
あるじ「属性…とは…」
火車「そういう趣味なんじゃないの?素直になりなさい!ごろにゃ~ん☆」
あるじ「!?」
火車「ほら、あたしの猫耳も触ってみたくないかニャ?あるじだけ特別だよ?☆」
あるじ「…!どうしたんだよ急に!」
火車「あるじったら顔が真っ赤だゾ?☆恥ずかしがらニャいで?」

火車「(ふふっ、やはりチョロいわ…!)

利器土「二面性ノ強イ妖力ヲ感知!
 征討セヨ!
 征討セヨ!」

火車「何よ!いい所だったのに!!」

(利器土と戦闘)

利器土「敵妖力、推定値範囲外!戦闘ノ維持不可能!撤退セヨ!撤退セヨ!」


火車「懲りないやつらね…もう戻ってこないで!」
あるじ「一緒に戦ってくれて助かったよありがとう。なんだかいつもより凄い火力だったな…」
火車「利器土もいなくなったことだしぃ…早く触ってみるニャン☆ほれほれ??」
あるじ「わ、わかったからそんなにくっつくな!…おお、フワフワでモフモフだ」
火車「ど、どう?気持ちいいかニャ??もっと触って…いいんだニャン☆」
火車「(やばっ…あるじのモフりテク!)」
あるじ「あぁ、凄くいい手触りだぞ。思ったよりずっと柔らかいんだな。ほらこの内側の方なんて…」
火車「んっ!!だ、ダメ…そこは……っ!あ………」
あるじ「火車?どうしたんだ、大丈夫か??」
火車「ふにゃぁん……」

猫又「あるじーごめんなのにゃー!今日は火車が遊びに来る約束…にゃ…これは……」
犬神「火車が来ると聞いて敵情視察に来てみれば…どういうことなのよ!!」
あるじ「ま、待ってくれ猫又!犬神!これは誤解なんだ!火車も説明してくれ!!」
火車「はぁ…はぁ…あるじのテク…凄かったわ…」
猫又「ま、まさかあるじが火車からそんな営業を受けていたにゃんて………」
あるじ「そんな訳ないだろ!犬神は信じてくれるよな…頼む…」
犬神「バカバカバカーーーッ!!!最低!!フケツ!!ひとでなし!!」
あるじ「うわあああああ!違うんだーーー!聞いてくれ!それでも俺はやってないッ!!」