あ、あんまりじろじろ見るものではないのですっ…!あるじじゃなかったらこの鎌を振り下ろしてるところなのです。ともあれ、にゃふあるじが私を選んで描いてくれたのは嬉しいのです!