ほほ、内藤あるじよ、わしの美しさをようわかっておるようじゃな。近くに来て一献どうじゃ。なに、遠慮するでないぞ、ほれほれ。