スケールも態度もデカイ、国産みの伝説を持つ巨人。研究のアイディアを思いつくと、会話中でも話を打ち切って自分の世界に入ってしまう。秋田ではダイダラボッチが鳥の海の干拓を手伝ったとされている。